東アジア植物品種保護フォーラムとは

東アジア植物品種保護フォーラムは、ASEAN Plus Three(中国、日本、韓国)で構成され、
各国の制度や運用状況などを相互に理解し、協力することによって、
東アジア地域の植物品種保護制度の整備と調和を促進することを目的として、2007年に設立されました。

東アジア植物品種保護フォーラムの10年戦略

2017年9月11日にミャンマーのネピドーにて開催された第10回東アジア植物品種保護フォーラム年次会合において、フォーラムのこれまでの実績及び今後の可能性について検討し、東アジア植物品種保護フォーラムの「10年戦略」について話し合い、準備を行うことが採決されました。

各フォーラムメンバー国間で8か月間にわたり「10年戦略」案の検討と議論が行われ、2018年8月1日にフィリピンのムンティンルパにて開催された第11回東アジア植物品種保護フォーラム年次会合において、「東アジア植物品種保護フォーラム10年戦略(2018-2027)」及び「東アジア植物品種保護フォーラム運営規則」が採択されました。

注:中国、韓国から6か月以内に修正案の提出があった場合は、各フォーラムメンバーに回付され、コンセンサスによる修正を視野に議論されます。

共通方針

(a)

“長期方針”
全フォーラムメンバーのUPOV加盟に向け、各国でUPOV1991年条約に則した効果的な植物品種保護(PVP)制度を構築し、効率的かつ協力的な地域品種保護メカニズム構築の基盤とする。これにより、東アジア地域における新品種開発を促進し、農業の持続的発展及び食料安全保障に貢献する。

(b)

“目標”:今後10年で達成すべき目標

-目標1:各国がUPOV条約に則してPVP制度を強化し、植物育種への投資を促進

-目標2:UPOV条約に則した出願・審査手順の地域調和メカニズムを構築し、育成者のため地域での効果的
・協力的なPVP制度に向けDUS試験結果の相互利用を推進

(c)

“コア活動”

– 各国個別活動:目標1の達成に向けた活動

  1. UPOV事務局支援の下、国内PVP法規則を整備
  2. 出願から育成者権付与までのPVP制度履行のため、国内行政手続を整備・強化
  3. 審査能力を強化
  4. DUS審査基準を発展
  5. 関係機関、政策決定者及び利害関係者に対するUPOV制度の意識啓発
    (UPOV制度やそのメリット等への理解)
  6. 効果的なPVP制度促進に向け官民連携を強化

– 地域協力活動:目標2の達成に向けた活動

  1. UPOV条約に基づく共通の審査基準を作成
  2. 出願様式、審査手順を統合
  3. 研修や、PVP制度運営、DUS審査の経験共有に関する協力
  4. 効果的な執行に向け効果的な取組を共有

地域協力活動は複数のフォーラムメンバーあるいは全メンバーの協力によって効果的な方法で実施

各国実施戦略

各フォーラムメンバー国は、共通方針を反映した国内戦略として、各国実施戦略を作成する。各国実施戦略には、各メンバー国の状況に応じた国内活動の他、地域協力活動も含めることができる。各国実施戦略は状況に応じて適宜更新できるが、その際にはメンバー国に共有することが必要である。

構成要素:
  1. 国内目標 (今後10年)
  2. 目標(課題を分析の上(今後3年))
  3. 予定される活動 (今後3年)
  4. 工程表

各メンバー国は各国実施戦略に基づき協力活動を提案、実施

協力活動
10年戦略の”共通方針”に沿った活動を優先

東アジア植物品種保護フォーラム運営規則

東アジア植物品種保護フォーラム運営規則(ROP)は第11回年次会合で採択されました。

ROPは、全てのメンバー国及びゲストが東アジア植物品種保護フォーラムの協力活動及び関連する活動の実施及び年次会合の運営を行う上での指針とするため作成されました。ROPは今後実施されるすべてのフォーラム活動に適用されます。但し、事情や状況に応じて対応が変わる可能性は認められています。

毎年メンバー国から提案されるフォーラムの協力活動(特に資金援助を要する活動)は、東アジア地域のPVP制度のさらなる調和及び/又は統合を目的とし、10年戦略の共通方針に沿ったものとする必要があります。

注:中国、韓国から6か月以内に修正案の提出があった場合は、各フォーラムメンバーに回付され、コンセンサスによる修正を視野に議論されます。

運営規則 (英語)(PDF:58KB)

沿革

2007

10月
アジア地域の植物品種保護制度に係る協力と協調に関するワークショップ
東アジア地域各国政府・機関の代表者が、植物品種保護制度の強化に向けて意見交換を実施。その際、日本から提案した「東アジア植物品種保護フォーラム」の設置について支持が得られ、各国がこの分野で今後も協力していること等を内容とする共同ステートメントを取りまとめた。
日本
11月
第7回東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)農林水産大臣会合「東アジア植物品種保護フォーラム」の設置を了承。 タイ

2008

6月
オランダ植物品種保護研修への参加(インドネシア) オランダ
7月
東アジア植物品種保護フォーラム 第一回会合 日本
8月
受入研修1「基礎研修」 日本
10月
受入研修1「基礎研修」 オランダ
11月
第1回審査基準と審査・栽培試験方法の調和に係る技術研修会(ワークショップ) インドネシア
APECセミナー「植物品種保護」 インドネシア
受入研修2「短期専門技術研修」 日本
12月
ベトナム国内研修 ベトナム
第3回植物品種保護に関する国内セミナー インドネシア
ベトナム植物品種保護制度に関する意識普及・啓発国際セミナー ベトナム

2009

1月
受入研修3「長期専門技術研修」 日本
イネの審査規準調和に関する専門家会議 フィリピン
2月
タイ国内研修 タイ
DNA品種識別のための日中韓専門家会合 中国
アグロネマ審査基準作成に関する専門家会合 タイ
3月
シンガポール国内研修 シンガポール
マレーシア国内研修 マレーシア
4月
東アジア植物品種保護フォーラム 第二回会合 中国
5月
インドネシア国内研修 インドネシア
トウガラシ(Capsicum)審査基準の調和に関する専門家会議 インドネシア
6月
インドネシア-オランダ合同セミナー(農作物部門) インドネシア
インドネシアDUSテスト研修 インドネシア
8月
第2回審査基準と審査・栽培試験方法の調和に係る技術研修会(ワークショップ) タイ
受入研修1「基礎研修」 日本
「植物品種保護制度のもたらす影響とその効果」に関する国際シンポジウム 韓国
10月
受入研修2「短期専門技術研修」 日本
11月
受入研修3「補完研修」 日本
マレーシア植物品種保護制度意識向上セミナー マレーシア
ベトナムDUSテスト研修 第一回 ベトナム
ベトナムDUSテスト研修 第二回 ベトナム
12月
ベトナムDUSテスト研修 第三回 ベトナム

2010

2月
植物品種保護制度とその経済効果に関する意識啓発セミナー シンガポール
3月
審査官業務研修 日本
トウガラシ(Capsicum)およびアグラオネマ(Aglaonema)の審査基準の調和に関する専門家会議 日本
UPOV・DUSテストセミナーへのフォーラム参加国の招へい スイス
4月
植物品種保護制度と農業者の権利及び利益に関する国際セミナー 中国
東アジア植物品種保護フォーラム 第三回会合 韓国
「公的機関における品種保護制度利用の取り組み」に関する国際セミナー 韓国
7月
植物品種保護・審査制度に関する国際研修 韓国
第4回植物品種保護制度に関する国内セミナー インドネシア
ドリアン、パパイヤ、モカラ審査基準作成に関する専門家会合 タイ
8月
トウガラシ(Capsicum)およびアグラオネマ(Aglaonema)の審査基準の調和に関する専門家会議 マレーシア
第3回審査基準と審査・栽培試験方法の調和に係る技術研修会(ワークショップ) マレーシア
受入研修1「基礎研修」 日本
9月
植物品種保護制度の意識啓発・普及セミナー タイ
11月
受入研修2「短期専門技術研修」 日本
インドネシア国内研修 インドネシア
マレーシア国内研修 マレーシア
第5回植物品種保護(PVP)に関する国内セミナー インドネシア

2011

1月
受入研修3「要人研修」 日本
2月
東アジア地域で調和されたイネの審査規準を用いたロードテスト実施に関する会議 フィリピン
UPOV基礎技術に関するセミナー及びUPOVに調和した審査基準作成方法に関するワークショップ フィリピン
3月
受入研修4「審査官業務研修」 日本
中国国内審査基準作成研修 中国
5月
東アジア植物品種保護フォーラム 第4回会合 インドネシア
6月
DUSテストおよび審査基準の調和に関するワークショップ タイ
9月
マレーシア高度な栽培試験研修1 マレーシア
第4回審査基準と審査・栽培試験方法の調和に係るワークショップ タイ
10月
アジア種子産業の発展に関する国際ワークショップ 韓国
受入研修1「担当者短期専門技術研修」 日本
11月
UPOV技術作業部会開催に係る東アジア植物品種保護フォーラム国のオブザーバー参加 日本
12月
中国国内審査基準作成会議及びワークショップ 中国

2012

1月
受入研修2「要人研修」 日本
2月
フォーラム関係国会議 タイ
キャッサバ審査基準作成に関する専門家会合 タイ
オイルパーム審査基準作成に関する専門家会合 マレーシア
カンボジア意識啓発セミナー カンボジア
パパイヤ、カプシカム審査基準作成に関する専門家会合 インドネシア
3月
マレーシア高度な栽培試験研修2 マレーシア
モカラ審査基準作成に関する専門家会合 シンガポール
7月
タイ 植物品種保護制度 に関わる情報処理システムに関する研修 日本
9月
DUS審査における写真撮影研修 タイ
10月
東アジア植物品種保護 フォーラム ハイレベルスタディツアー 日本
短期専門技術研修 日本
12月
オイルパーム審査基準作成に関する専門家会合 マレーシア

2013

2月
ドリアン、パパイヤ審査基準作成に関する専門家会合 フィリピン
キャッサバ審査基準作成に関する専門家会合 インドネシア
モカラ審査基準作成に関する専門家会合 タイ
7月
東アジア植物品種保護フォーラム テクニカルワーキンググループ会合 マレーシア
第6回東アジア植物品種保護フォーラム年次会合 マレーシア
東アジア植物品種保護シンポジウム:植物品種保護の国際調和に向けた地域間協力について マレーシア

2014

8月
第7回東アジア植物品種保護フォーラム年次会合 ラオス
東アジア植物品種保護フォーラムシンポジウム ラオス
9月
イネのDUSテスト研修 ベトナム
11月
ランブータン、スターフルーツ審査基準作成に関する専門家会合 マレーシア

2015

2月
デンドロビウム審査基準作成に関する専門家会合 韓国
9月
第8回東アジア植物品種保護フォーラム年次会合 韓国
第8回東アジア植物品種保護フォーラムシンポジウム 韓国
アカシアのテストガイドライン調和に関する第1回会合 マレーシア
10月
インドネシア専門家受け入れ研修 長崎
11月
育成者権保護制度の運営についての現地調査 タイ
イネの栽培試験研修 マレーシア
トマトの栽培試験研修 ベトナム
12月
UPOV条約にもとづく植物品種保護の啓発ワークショップ ブルネイ
UPOV条約にもとづく植物品種保護の啓発ワークショップ ラオス
UPOV条約にもとづく植物品種保護の啓発ワークショップ カンボジア

2016

1月
UPOV加盟を見据えた国際調和にかなうPVP法起草支援 マレーシア
7月
植物品種保護に関するASEAN諸国高官スタディーツアー 日本
8月
トウモロコシの栽培試験に関する研修 ベトナム
9月
第9回東アジア植物品種保護フォーラム年次会合 ベトナム
UPOV条約下での植物育成者権行使に関するセミナー ベトナム
11月
育成者権保護制度の運営についての現地調査 マレーシア
12月
UPOV条約にもとづく植物品種保護の啓発セミナー ミャンマー

2017

2018

関連団体・組織

農林水産省 植物品種登録ホームページ

The 植物新品種保護国際条約 (UPOV)

Community Plant Variety Office (CPVO)

世界貿易機関 (WTO)

生物多様性条約 (CBD)

The Asia & Pacifics Seed Association (APSA)

日本種苗協会 (JASTA)

農研機構 種苗管理センター (NCSS)

国際協力機構 (JICA)

Contact

農林水産省
食料産業局知的財産課種苗室
E-Mail : jpvp@maff.go.jp
電話:03-6738-6444
東アジア植物品種保護フォーラム 事務局
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 (JATAFF)
HP:http://jataff.jp/index.html
E-Mail: st-pgr@jataff.jp
電話:03-3586-8644